探偵に向いている人

探偵にはどうしたらなれる

学校で探偵技術を身につける

専門知識は本などでもある程度、身につきますが、経験や専門技術も身につけたいという方には探偵の学校・通信もあります。
どんな授業かというと、尾行や調査の進め方、証拠写真の撮り方、指紋の取り方、探偵が守らなければいけない条例や刑法を学びます。
また、情報整理や資料整理、報告書の書き方なども学びます。
しかし、一般的に探偵関係の教習は高額です。
なので、教習を受けるために学校選びは気をつけて選びましょう。
選ぶポイントとしては、教育課程はしっかりしているかです。
学校の教育課程を、学校それぞれ比較しながら見比べていくと何が必要かみえてくると思います。
教育課程の中で、授業内容がおかしいとか、特異すぎるなと感じることがあった場合は注意すべきところです。
また、サポート体制もしっかりしていて、技術取得がきちんとできる体制かどうかを確認することが必要です。

探偵になるには

探偵は今、調査業として法的な規制もありビジネスとして確立しつつあります。
求人は、インターネット、雑誌、ハローワークなどで普通数件みつけられます。
待遇は一般的に比べてそれほど悪くはないですが、勤務は不規則な時間帯ですし、体力勝負で休みが不定期になります。
採用される条件としては、最初から特殊条件を必要とされることはありません。
なので、社会人としての一般常識や、人として信頼できるかどうかなどの人間性を求められるでしょう。
採用されてから、教育システムもありますので、探偵としての経験をつみながらスキルを身につけていくということになります。
あえて、探偵ならではという部分では運転免許はあったほうがいいでしょう。
あとは体力勝負なので体力は必要です。


この記事をシェアする